NO IMAGE

【M-DUX50BK レビュー】コスパ最強クラスの多ボタンゲーミングマウス

最近、家でPCゲームしたり仕事の効率化を図ったり、何かと多ボタンのゲーミングマウスを使う機会が増えてきました。

私の周りにも多ボタンゲーミングマウスに興味を持つ人が増えていて、嬉しくなっています。

ただ、多ボタンゲーミングマウスは高価なものが多い印象で、なかなか1歩踏み出せないでいる人も少なくありません。

多ボタンゲーミングマウスが気になってるけど、どれもちょっと高価で手が出ない…
そんな人にもオススメな、安くて高性能なコスパの良い多ボタンゲーミングマウスがあるよ!

その多ボタンゲーミングマウスの中でも安くてコスパもいいのが、こちらの「ELECOM M-DUX50BK」です。

ELECOM M-DUX50BKの特徴
・ゲーミングマウスの中でも2000円台で買える安さ
・値段の割に性能も良くコスパ〇
・多ボタンなのにとても軽い
・自由度の高いボタン機能の割り当て

そんな「ELECOM M-DUX50BK」を実際に使用した感想も踏まえてレビューしていきます。

広告

M-DUX50BKの外観

製品名M-DUX50BK
サイズ
(幅×長さ×高さ)
77.0×112.5×42.0mm
重さ84g(ケーブル込み113g)
プログラム可能なボタン数18個
DPI最大3500DPI
トラッキングスピード80IPS
定価9,757円
Amazon価格
(2021年2月現在)
2,249円

ゲーミングマウスとしてはやや小さめ

握ってみるとこんな感じで

手にすっぽり収まるくらいの大きさです。

握るときにはフィンガーレスト分が横幅から減るので、カタログスペックよりもかなりスリムに感じます。

手が小さくても使いやすそう!

サイドボタンは合計で9つあり、内4つはちょうど親指のところにあるので特に押しやすくなっています。

サイドボタンをあまり使わないという場合でも、親指に近い4つだけ使うのもアリです。

サイドボタンの並びも曲線状で奥のボタンも押しやすくなっています。

ただ、それでも一番奥のボタンは結構遠くにあるので、握りや手の大きさによっては押しづらくなるかもしれません。

マウス上面画像

サイドボタンの他に、チルト機能(横倒し)付きホイールと左前方・中央に追加のボタンがあります。

左前方のボタンは面が広いうえに軽いタッチでクリック出来るので意外と押しやすいです。

中央のボタンはかなり押しづらい位置にありますが、初期設定のプロファイル切り替え(ボタン割り当てのゲーム用⇔普段使い用など)で押す頻度も低いので特に気になりません。

中央のボタンの下のランプはプロファイルの番号と色が対応していて、一目でどのプロファイルかが分かります。

ケーブルは丈夫な布ケーブルですが、軽くケーブルをいじるとマウス本体が動いてしまうくらいには硬いです。

しばらく使っているとケーブルが体感少し柔らかくなりますが、取り回しにやや難があることには注意する必要があります。

裏面はこんな感じです。

センサーが親指側に寄っていますが、マウスカーソルの動きは使っていて特に違和感ありませんでした。

M-DUX50BKの機能

このような専用のソフトを使って、ボタンの機能割り当てやDPIなどの設定をします。

ボタン設定はプロファイル5まであるので、ゲーム用・仕事用・普段使い用…など複数の用途でボタン設定を変えたいときにも役に立ちます。

設定内容はマウス内のメモリに保存されるので、外出先などで使いたいときに新たに設定する必要がありません。

ボタンの設定内容はこんな感じ。

音楽の再生や音量の増減などユニークな機能も設定できます。

キーボードの入力にも対応しているので、頻繁に使うショートカットを割り当てることも可能です。

ショートカット割り当ての例
タスクマネージャーを開く:Ctrl + Shift + Esc
コピー:Ctrl + C
スクリーンショットの撮影:Ctrl + PrintScreen
できるネット

仕事でよく使う代表的なOS&アプリである、Windows 10、Word、Excel、PowerPoint、Outloo…

M-DUX50BKのレビュー

「M-DUX50BK」を使っていてまず思うことが

多ボタンゲーミングマウスとは思えないくらい軽い…!

ということです。

ゲーミングマウスはボタンが多いものほど重くなりがちで、ボタンの数が10以上になると100gを超えるものばかりです。

ところが「M-DUX50BK」は、プログラミング可能なボタンが18個ありながら84gという破格の軽さです。

マウスの軽さは長時間の使用での疲れにくさに直結するので、本当にうれしいポイントです。

MMO向けゲーミングマウスなので、ゲーミングマウスの中ではトラッキング性能がやや低いです。

なのでFPSやTPSのようにマウスを高速で大きく動かす場合にセンサーがマウスの動きを捉えきれない、いわゆるマウス飛びが発生することがあります。

そのためマウス操作が極めて激しい人は、もっとセンサーの性能が良い他のマウスを検討したほうがいいでしょう。

私はFPSでもマウス操作はそこまで激しくないので問題なく使えています。

評判

まとめ

ELECOM M-DUX50BKの利点
・2000円台という安さで性能も良くコスパ〇
・重さわずか84gでとても軽い
・自由度の高いボタン割り当て
ELECOM M-DUX50BKの利点

・FPSやTPSなど、マウスを激しく動かす用途には向かない
・コードが硬く邪魔になりやすい

多ボタンゲーミングマウスが気になるけど高いのはちょっと…という人が初めて選ぶマウスに最適です!
広告

未分類の最新記事8件