MENU

Pythonでブラウザの操作を自動化する2つの方法を解説

目次

Pythonでブラウザの操作を自動化する方法とは?

pythonでブラウザの操作を自動化する方法は大きく分けて2つあります。

①Seleniumを使用する方法

Seleniumはブラウザ操作の自動化に特化されており、Webテストやスクレイピングなど多くの用途で使用されています。

HTMLやCSSといった知識が必要なので難易度はやや高めですが、スマートなブラウザ操作の自動化が可能です。一方で、自動化プロセスの性質上、普段使っているブラウザをそのまま使うことが出来ないというデメリットがあります。

Pythonによるブラウザ操作の自動化は、ほとんどがSeleniumを使用したものになっています。  

seleniumでブラウザ操作を自動化した時のアニメーション

②PyAutoGuiを使用する方法

PyAutoGuiを使用する方法は、マウスやキーボードを使っているときのような直観的な操作の自動化が可能で初心者にはかなり馴染みやすいです。

Seleniumでは通常不可能な、自分の普段使っているブラウザをそのまま使用できるというメリットがあります。一方で、GUI操作に頼るためマウスやキーボードの操作が取られやすく、スマートな操作の自動化が難しくなります。

また、GUI操作による自動化のため、ブラウザに限らずアプリケーションの自動化も可能です。
 

それぞれメリット・デメリットがあるこれら2つのブラウザ操作の自動化方法について解説していきます。今回行うのは、ブラウザを起動して任意の文字を入力し、検索を実行するところまでです。
 

ブラウザ操作の自動化に関しては、「増補改訂Pythonによるスクレイピング&機械学習 開発テクニック」を参考にしました。webスクレイピングや機械学習など、pythonの用途として人気の高い分野に関する基礎的な学習もできるのでおすすめです。
 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる